政治・法律」カテゴリーアーカイブ

1 / 12712345...102030...最後 »

中国のメルセデスベンツにやってきた韓国人客が中国人従業員に襲われる一部始終が話題に!!

北朝鮮のミサイル攻撃に対してミサイルでミサイルを撃ち落とす「THAADシステム」を韓国が配備したことで、韓国に対して国民感情が高まっている中国ですが、中国のメルセデスベンツのディーラーがありえない暴挙に出た決定的瞬間が撮 … 続きを読む

カテゴリー: 事件・事故, 国際, 政治・法律 | タグ: , , , , | コメントする

「子供が来たとき、終わったと思った」子供乱入で話題となった大学教授が語る!!

BBC(英国国営放送)のインタビュー中に部屋へ子供が乱入する放送事故によって世界的に有名となったロバート・ケリー教授とその一家が、乱入劇についてインタビューに答えました。ケリー教授は、「子供が来たとき、終わったと思った」 … 続きを読む

カテゴリー: 事件・事故, 国際, 政治・法律 | タグ: , , , , | コメントする

BBCの生放送で起こったインタビュー中の部屋に子供が乱入する放送事故が可愛すぎる!!

イギリスの国営放送局「BBC]のニュース番組で、韓国や北朝鮮の情勢について専門家である釜山大学校のロバート・ケリー教授に生放送でインタビューを行っていたところ、誰もが想像しなかったハプニングが発生しました。緊迫する東アジ … 続きを読む

カテゴリー: 事件・事故, 国際, 政治・法律 | タグ: , , , , , , | コメントする

飲酒を疑われた学生がジャグリングで酔っ払っていないことを警察に証明するムービー

アーカンソー中央大学の学生が自動車を運転していたところ、警察に飲酒運転を疑われてしまいました。そこで学生は、持っていたこん棒をジャグリングすることで、警察官に酔っ払っていないことを証明しました。

カテゴリー: 乗り物, 国際, 政治・法律 | タグ: , , , , , | コメントする

森友学園の籠池泰典理事長がユーチューブに反論動画投稿!!子供に五箇条の御誓文を暗唱させる!!

国有地取得問題や経歴詐称問題が取沙汰されている森友学園の森友学園の籠池泰典理事長が、メディアに対抗してユーチューブに反論動画投稿しました。動画内には、園児に五箇条の御誓文を暗唱させるものもあります。

カテゴリー: 事件・事故, 政治・法律, 教育 | タグ: , , , , , , , | コメントする

ユーチューブに正男氏の息子が登場!!ハンソル氏「父が殺害された」

マレーシアで殺害された金正男(キム・ジョンナム)氏の息子、ハンソル氏とみられる男性が動画投稿サイト「ユーチューブ」で、「父が殺害された」と主張しました。

カテゴリー: 事件・事故, 国際, 政治・法律 | タグ: , , , , | コメントする

問題は大きさ!?トランプ米大統領を小さくしてみたら可愛すぎる!!

傍若無人な振る舞いが話題となるドナルド・トランプ米大統領ですが、小さくしてみると意外なほど可愛くなってしまいました。今回は、トランプ米大統領を小さくしてみたパロディムービーをご紹介します。

カテゴリー: デザイン, 国際, 技術・実験, 政治・法律, 文化 | タグ: , , , , | コメントする

ヒトラー生家に出没していたヒトラーそっくり男が逮捕される!!

オーストリア警察は13日、ナチス・ドイツを率いた独裁者アドルフ・ヒトラーのひげや服装を模して公衆の前に出没を繰り返した25歳の男を、ヒトラーの出生地ブラウナウ・アム・インでナチ賞賛の容疑によって逮捕しました。

カテゴリー: 事件・事故, 国際, 政治・法律, 歴史 | タグ: , , , , , | コメントする

自律飛行で乗客を目的地まで運ぶ空飛ぶスマートタクシー「Ehang 184」がドバイで導入へ!!

中国のドローン企業EHangが開発した自律飛行で乗客を目的地まで運ぶ空飛ぶスマートタクシー「Ehang 184」が、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで導入されることが明らかとなりました。導入は2017年7月に予定されて … 続きを読む

カテゴリー: 乗り物, 国際, 技術・実験, 政治・法律 | タグ: , , , , , , , | コメントする

アドルフ・ヒトラーそっくりの男がヒトラー生家付近で目撃される!!目撃情報相次ぎ当局が調査!!

オーストリア当局は、ナチス・ドイツを率いた独裁者アドルフ・ヒトラーの生誕地に、ひげや髪型、服装などヒトラーそっくりに装った男が出没しているとの報告が相次いだため調査しています。

カテゴリー: 事件・事故, 国際, 政治・法律 | タグ: , , , , , | コメントする
1 / 12712345...102030...最後 »