ストーンヘンジ周辺で新たな建造物群発見!!地中に17の神殿が新たに見つかる!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

最新技術を使った地下スキャンにより、英国の古代遺跡「ストーンヘンジ」を取り囲む大規模な建造物群の存在が明らかになりました。考古学者らが10日、発表しました。

Sponsored Links

イギリス南西部のソールズベリー平原に円を描いて立つ謎めいたストーンヘンジは、欧州の遺跡の中で最も象徴的なものの1つですが、独立した建造物と思われていました。ところがストーンヘンジの周囲12平方キロを地下3メートルの深さまで高解像度でスキャンしたところ、17の隣接する神殿が発見されました。

プロジェクトリーダーのビンセント・ガフニー教授は、イングランド中部バーミンガムで開かれた英国科学フェスティバルで、「これによりわれわれのストーンヘンジの見方が変わるだろう」と述べました。

4年に及んだ調査には、最新式金属探知機である磁気探知器、地中探知レーダー、電磁センサー、3次元レーザースキャナーが使用されました。

発見されたのは6000年前の建造物群で、木や石でできた17の構造物や数十に及ぶ埋葬塚が含まれます。また巨大な穴も複数見つかり、一部は天文学的な配列を形成しているようにも見えます。

さらに、近くにある外周約1.5kmの「スーパーヘンジ」、ダーリントン・ウォールズをスキャンしたところ、その周囲にはかつて、高さ最大3mの柱または石が最大で60個置かれていたことが示されていました。

発見された多数の埋葬塚の中には長さ33mの古墳が含まれており、その内側には巨大な木造建築を示す証拠も見つかっています。この場所は、遺体の一部の切除を含む死者に対する複雑な儀式の場であったとみられています。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 歴史, 科学 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)