脳の手術中にバイオリンの演奏をするイスラエルのバイオリニストがスゴイ!!外科医のためにコンサート!?


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

イスラエルのバイオリニストであるナオミ・エリシュフ(Naomi Elishuv)さんは、20年前に「本態性振戦」という意思とは関係なく手足が震える病気と診断されました。そのためバイオリンが演奏できなくなり、所属していたリトアニア国立交響楽団でのバイオリニストの地位を失いことになりました。

しかし今週はじめ、そんなナオミさんがテルアビブの病院で脳の手術を行い、「本態性振戦」の治療しました。

Sponsored Links

ナオミさんが受けた処置は、電気刺激を与える電極を脳に埋め込むというもの。この電極によって、脳の機能を回復させます。

この手術中、医師はナオミさんにバイオリン演奏をするように頼みました。その理由は、「手術中にコンサートを楽しみたい」というようなことではなく、「脳のどの部分に処置すると、バイオリンが上手く演奏できるようになるのかを確かめる」ためでした。

手術中は局部麻酔のため、ナオミさんは意識がありました。そのためバイオリンを演奏。モーツァルトの曲を演奏し、見事なバイオリンの音色を聞かせてくれました。

手術中には、あまりに上手く手が動かせるようになり「上手く演奏できる」と驚いています。また手の震えを見ると、かなり収まっているようにも見えます。

手術後、ナオミさんの症状はすっかり治ったとのことです。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)