『2001年宇宙の旅』を60秒で再現したショートアニメーションがだいたい合ってる!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アーサー・C・クラークとスタンリー・キューブリックがアイデアを出し合ってまとめたストーリーに基いて製作されたSF映画『2001年宇宙の旅』を、60秒で再現したショートアニメーションをご紹介します。難解で抽象的なSF映画の金字塔は、いったいどのようになるのでしょうか。

Sponsored Links

『2001年宇宙の旅』は3部構成となっており、ヒトザルたちが黒い石板のような謎の物体「モノリス」によって覚醒して人類へと進化する場面と月面でモノリスを調査する「人類の夜明け」、宇宙飛行士たちが木星へと向かう「木星使節」、木星の衛星軌道上で巨大なモノリスと遭遇し、宇宙飛行士が人類を超越した存在・スターチャイルドへと進化を遂げる「木星 そして無限の宇宙の彼方へ」となっています。

ショートアニメでは、ヒトザルの進化が一瞬で終わり、月面探査の場面までで30秒を費やし、人工知能HAL(ハル)9000型コンピュータとの攻防戦も一瞬、あっという間にモノリスと遭遇してスターチャイルドになってしまいました。

物語の重要な場面をピックアップすれば、1分間でこれだけ詰め込むのが限界だったようですね。しかしこれだけの長編を60秒でまとめる手腕には驚かされます。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: アニメ・マンガ・ゲーム, デザイン, 国際, 技術・実験, 文化, 芸能 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)