喉歌「ホーミー」を駆使して2つの音を同時に発して歌うアンナ・マリア・ヘーフェレがスゴイ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アンナ・マリア・ヘーフェレさんは、アルタイ山脈周辺民族の間に伝わる喉歌と呼ばれる歌唱法「ホーミー」の技術を駆使して一度に2つの音を発して歌を歌います。驚くべき歌唱法をお聞きください。

Sponsored Links

ホーミーは、口の中で音を反響させることで2つの音を出す歌唱法です。

典型的なモンゴルのホーミーの発声は、まず喉を緊張させた音を安定に大きく発声するところから始まります。唇は左右対称に「ア」を発音するときのように開き、舌は上に巻きあげて舌端の裏側を硬口蓋の奥の方につけ、喉を詰めた声をここで共鳴させます。すると非常に強い第2フォルマント(「倍音」として説明されることが多いが、実際には一連の倍音列からなる山、つまりフォルマントを認識している)が発生し、その音が口笛のような高い音として認識されます。

慣れてくると、舌端を上あごに接着せず、舌と上あごの間にごく狭い隙間をあけただけで同様の音を発生させることができます。

アンナさんは、この技術を駆使して1つの口から2つの音を出して驚くほど調和のとれたメロディーを生み出しています。

この映像を見ると、思わずホーミーの練習をしてしまいますね。

楽器が加わると、このような幻想的なメロディーになります。

声だけでも幻想的です。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 文化, 芸能, 芸術 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)