空陸両用飛行自動車「AeroMobil」の生産準備が完了!!700kmの飛行が可能!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ボスニア・ヘルツェゴビナのデザイナーであるステファン・クラインさんが開発した地上を走ることも空を飛ぶこともできる空陸両用飛行自動車「Aeromobil」が生産準備が完了した段階となりました。現在、プロトタイプは第三世代まで開発が進んでおり、飛行すれば給油なしで700kmを飛び続けることができます。

Sponsored Links

「Aeromobil」は、ステファン・クラインさんが1990年代から構想していた空陸両用飛行自動車で、スロバキア企業が開発を進めています。

「Aeromobil」の特徴は、自動車と飛行機を融合したかのような性能。地上を走行することはもちろん、飛行機のように空を飛ぶことができます。また翼を変形させることでコンパクトになり、通常の自動車のガレージに駐車することもできます。

後輪は小さく尾を補助するもので、自動車のときに駆動するのは大きな前輪。限界まで軽量化された車体は450kgで、2人の乗客を乗せることができます。飛行速度は最高で時速200km、最大飛行距離は700km以上となります。また通常の航空機のように特殊な燃料を必要とせずガソリンで飛行が可能となります。

第三世代のプロトタイプは、10月29日に開催されるオーストリアのパイオニア祭に出展予定。大量生産の準備も整っているといいます。

もうすぐ市販が開始されそうですね。地上を走ることも空を飛ぶこともできる空陸両用飛行自動車「Aeromobil」でした。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 乗り物, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)