使用者の手の位置を把握して複雑な操作が可能なタッチペンをマイクロソフトが開発!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

タッチペンでタブレットに絵を描く場合、誤って触れてしまった手などを認識して上手く描けないことあります。そんなイライラを解消してくれるタッチペンをマイクロソフトが開発しました。複雑な操作を可能にする画期的なタッチペンをご紹介します。

Sponsored Links

ショートバージョン

マイクロソフトの主任研究員ケン・ヒンクリー氏とビル・バクストン氏が開発したこのタッチペンは、手の位置を認識してくれるという画期的な装置です。

通常のタッチペンは、「触れた部分」を「描いている部分」と判断しますが、手の位置が認識できるこのペンは触れているか否かに関わらず、「描いている部分」を「描いている部分」として認識します。さらにペンをタブレット画面から離して動かしていても「描いている部分」と認識されれば絵を描くことができます。

そのほか、絵を描きながら画面の拡大・縮小を行うことも可能。タッチペンでより複雑な描画を実現します。

とても人間に優しく、人間に合わせて作られたタッチペンですね。

ロングーバージョン

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, ガジェット, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)