真空状態で羽根とボウリング球を同時に落としてみた科学実験動画が面白い!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

物体は質量や大きさに関係なく落下速度は同じであることは、ガリレオ・ガリレイがピサの斜塔から金属球を落としたという実験からよく知られています。しかし、それを証明する瞬間を見たことがある人は少ないでしょう。

今回は、そんなガリレオの発見を証明する真空状態で羽根とボウリング球を同時に落としてみた科学実験動画をご紹介します。

Sponsored Links

実験が行われたのは、アメリカ・オハイオ州にあるNASAのスペース発電施設。部屋全体を真空状態にすることができる世界最大の施設です。

最初の落下では、羽根とボウリング球を同時に落としますが、真空状態ではないため空気抵抗を大きく受ける羽根はゆっくりと落ち、ボウリング球は早く落ちました。

そこで真空状態にしてから再度実験。すると、目を疑う出来事が起こります。なんと羽根とボウリング球は同時に落下。並びながら下まで落ち、同時に着地しました。

この映像を見れば、ガリレオの言ったことがよく分かりますね。ちなみに物体の質量と落下速度に関係性がないことは、思考実験でも理解できます。

もし質量が大きな物体の方が落下速度が速いなら、2つの金属球を離した状態で落とした場合と、2つの金属球をくっつけた状態では速度に違いが出ることになります。さらに言えば、2つの金属球をヒモで繋いだような状態でも速度が上がることになります。もっと言えば、同時に飛び降りた2人が途中で手を繋ぐと、手を繋いだ瞬間に落下速度が上がることになってしまいます。

しかしこれらのことを頭の中で想像してみれば、その奇妙さを感覚的に理解することができます。

知っていても面白い真空状態で羽根とボウリング球を同時に落としてみた科学実験動画でした。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 科学, 自然 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)