京大ポポロ事件が発生か!?京都大学内で学生が公安警察を取り押さえて話題に!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

2014年11月4日午後、京都市左京区の京都大学構内で公安警察と学生が衝突し、警察が学生に拘束されているという出来事がツイッター上で報告されました。この出来事に、ネット上では「東大ポポロ事件の再来」として「京大ポポロ事件」と話題になっています。

Sponsored Links

東大ポポロ事件とは、1952年に東京大学の公認学生団体「ポポロ劇団」が演劇発表会を行なった際に、学生が会場にいた私服警官に暴行を加えた事件。日本において大学の自治に関する最高裁判所判例をもたらした事件であり、日本国憲法第23条に保障する学問の自由及びそこに含まれる大学の自治が問題となりました。東大ポポロ事件の判例は非常に重要視されており、現在でも学校の自治権を判断する際に用いられています。

そんな60年以上前の事件を彷彿とされる事件が、京都大学で発生したことで、「京大ポポロ事件」として話題となっています。

ネット上の情報によると、11月2日に東京・銀座で行われた反ヘイトデモに参加した京大生2人が逮捕されたことが事件の発端。この事件に関して調べるためか、大学に侵入して捜査をしていた公安警察のスパイが京大生に発見されました。

京大生は、以前から演説中に監視している人を怪しんでいたとのことで、追いかけたところ逃げたため確保。身分証を見たところ、京都府警の警察官だったため拘束し、財布などを取り上げて、教室で監禁したといいます。

監禁の理由は、京大の場合、学内に警察が入るときは当局及び学生に事前通達するという取り決めがあり、その協定を違反していたことで、副学長・職員が学生立会いの下で公安警察への尋問を行ったといいます。

その後、京大周囲を多数の警察官が取り囲むような状況となり、東一条の交差点で自転車交通違反取締りを始めたとのこと。そして副学長から警備二課責任者へ身柄が引き渡され、事件は決着したといいます。

この事件に対して京都府警広報課は「現在のところ何も申し上げられない」とのこと。京都大学広報室も「正規のルートで情報が把握できていないので、現時点では何も答えられない」としています。

今回の一連の騒動で、大学自治や学問の自由に関する議論が再燃するかもしれませんね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 事件・事故, 地域, 政治・法律, 教育, 文化 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)