空中に思い通りの表示が可能なスクリーンレス空中3Dディスプレイが画期的!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

バートンは空中に文字や絵を描画できる空中3Dディスプレイをデモンストレーションしました。同社はプラズマ発光という現象をディスプレイに応用することで、日中野外でも映像を空中に表示できるこの技術を開発しました。

Sponsored Links

このディスプレイと他のディスプレイとの最大の違いはスクリーンレスディスプレイであること。スクリーンのいらない大気中に文字や絵を描画できる唯一の装置とのことです。

ディスプレイの開発動機は、震災の際に「文字を空中に書けたらいいんじゃないか」という発想でした。それを実現するためにプラズマ発光という現象を利用することにしました。

バートンはこの技術を防災向け用途に使うことで、災害時、どこに避難したらいいかとか、どこに食料があるか、と言った避難/災害情報を音と一緒に文字で空中に表示することで情報の伝達を早めることを考えています。さらに、スクリーンレスディスプレイを使ったサイネージ(広告)への応用も視野に入れています。

バートンでは装置の車載化が重要と考えているほか、技術の認知度を高める意味から海外展開も考えています。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: ガジェット, デザイン, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

空中に思い通りの表示が可能なスクリーンレス空中3Dディスプレイが画期的!! への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 2015年に実現する『バック・トゥ・ザ・フューチャーⅡ』のテクノロジー8つの、現在の進捗(実現済み、あるいは間もなく完成) | 希望は天上にあり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)