スティーブン・キングがキューブリック版『シャイニング』を痛烈批判!!キング「映画は小説よりも下に位置する」


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

モダンホラーの巨匠として知られる作家スティーブン・キング氏が、10月31日付けの米ローリング・ストーン誌のロングインタビューで、自身のキャリアを振り返り、原作を担当したスタンリー・キューブリック監督の映画『シャイニング』を痛烈批判しました。

Sponsored Links

キング氏が自作の映画化のなかでもとりわけ嫌っていることで知られるスタンリー・キューブリック監督、ジャック・ニコルソン主演の『シャイニング』(1980)について、「原作小説の脚色としてはひどくても、映画そのものはすばらしい作品だと考えることはできないか」と聞かれ、「ノー。そんなふうに考えたことは一度もない。そもそも映画をそのように考えたことはない。私にとっては、映画は小説よりも下に位置する、はかない媒体だ」と答えました。

さらに『シャイニング』について、「私の小説は熱いが、映画は冷たい。原作のジャック・トランスは、なんとかして“善”であろうとしながらも、少しずつ狂気に追いやられていく人物として描いた。だが、映画のジャック・ニコルソンは、登場してきた瞬間から狂っているようにしか見えない。そしてウェンディの描き方は、あまりに女性蔑視的すぎる」と批判しました。

キング氏は、1年前の2013年9月にも、英BBCのインタビューで『シャイニング』について、「非常に冷たい映画。人々が私の小説に感じる要素のひとつに、暖かさがあると思っている。読者に対して物語を共有してほしいと訴えかける感じ。だが、キューブリックの『シャイニング』には、あたかも蟻塚のなかの蟻を観察するかのように登場人物を見ている冷たさを感じる」と話していました。

ちなみに、映画「シャイニング」を検証するドキュメンタリー『ROOM237』は、約半分まで見たところでやめてしまったといいます。一方、自作の映画化で一番優れていると思われる作品を聞かれると、『スタンド・バイ・ミー』と回答。さらに、『ショーシャンクの空に』、『グリーンマイル』、『ミザリー』、『黙秘』、『クジョー』をすばらしい映画として挙げています。

キューブリック監督の『シャイニング』は、物語の筋書きこそ『シャイニング』ですが、中身はキューブリック監督の世界観によって作られた全く別物となっているため、キング氏が怒るのも認めないのも無理はないですね。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 文化, 芸能 タグ: , , , , , パーマリンク

スティーブン・キングがキューブリック版『シャイニング』を痛烈批判!!キング「映画は小説よりも下に位置する」 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: スティーブン・キングがキューブリック版『シャイニング』を痛烈批判!!キング「映画は小説よりも下に位置する」 | コモンポスト | 最新ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)