8本の手足を持って生まれた結合双生児の赤ちゃんがインドで誕生!!ヒンドゥー教の神「ブラフマー」と崇められる!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

11月16日、インド・西ベンガル州バーウイプールの村に、村人から「神」と崇められる赤ちゃんが誕生しました。この赤ちゃんが神として崇められている理由は、手足の数にありました。

通常の人間は4本しかない手足ですが、この赤ちゃんには2人分の8本も備わっていました。

Sponsored Links

この赤ちゃんは、結合双生児と考えられており、4本の腕と4本の足を持っていました。赤ちゃんは母親の子宮内で、双子の体を取り込んで8本の手足という姿になったと考えられています。

その姿から村人の間では、いくつもの手足を持つヒンドゥー教の神「ブラフマー(梵天)」とされており、また世界の終わりを暗示しているともされています。村人たちは、この赤ちゃんを神として崇めているといい、村人たちは路上で祈りながら泣き叫び、世界の終わりを暗示していると信じる者はパニック状態に陥っているといいます。

警察も、大騒ぎをしている群衆をコントロールすることは難しいといいます。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 事件・事故, 国際 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)