アドルフ・ヒトラーの水彩画が1900万円で落札!!「悪趣味だ」という批判も!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ドイツ・ニュルンベルクで、ナチス総統アドルフ・ヒトラーが描いたとされる水彩画が競売にかけられ、約1900万円で落札されました。

Sponsored Links

この水彩画は、ヒトラーが画家を目指していた20代半ばころの作品だとされ、縦28cm横22cmの大きさに、南部ミュンヘンの戸籍役場周辺の町並みが描かれています。取り引きされた当時の売買証明書も添えられています。

ドイツに住む70代の姉妹が所有していたとのことで、かつてナチスの党大会が開かれていた南部のニュルンベルクで22日に競売にかけられました。

競売には日本を含む世界各地から問い合わせがあり、関心を集めましたが、オークション会社によると、中東から参加した個人が予想額の倍以上の13万ユーロ(約1900万円)で落札しました。

ただ、競売に対しては「絵そのものの芸術的な価値はそれほど高くないのに、ヒトラーの作品だからといって競売を行うのは悪趣味だ」といった批判もあったということです。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 政治・法律, 文化, 歴史, 芸術 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)