10代のフェイスブック離れが止まらない…全年代でも人気に衰えでメッセージアプリに移行へ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

最新の調査報告によると、フェイスブックはもはや10代のユーザーが頻繁に利用するクールな場所ではないようです。また多くの人が、フェイスブックに愛想を尽かしているようです。

Sponsored Links

アメリカでフェイスブックを利用している13~17歳の割合が2014年は88%に減少したことが、調査会社Frank N. Magid Associatesの実施した調査から明らかになりました。この数字は、2013年の94%、2012年の95%から減少しています。

しかし、フェイスブックの利用者数はこの調査で対象となったすべての年代でも減少しています。全体でフェイスブックの人気は過去2年間の93%から今年は90%に減りました。

Frank N. Magid Associatesの調査を見ると、10代および一般のユーザーの間でフェイスブックの人気が衰えたと思えるのには理由があります。すべての調査対象者のうち、16%がフェイスブックは流行していると答え、18%が楽しい、16%が有益であると答えています。しかし、安全だと答えたのはわずか9%で、信頼に価すると答えたのも9%のみです。

10代の若者も成人もフェイスブックをこれまでのように利用していないとすれば、若者たちはオンラインで何をしているのでしょうか?調査からは、インスタントメッセージングアプリケーションの人気が伸びていることが分かりました。調査対象のうち、18%が「Snapchat」、17%がAppleの「iMessage」、9%が「WhatsApp」、他にも9%が「Google Hangouts」を利用しています。

一番人気のあるメッセージングアプリケーションは何か?それは「フェイスブック Messenger」で、40%が利用しているといいます。

この調査は9月に実施されたもので、Frank N. Magid Associatesは1934名を調査しましたが、対象となったのはスマートフォンユーザーのみです。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, 国際, 経営・経済 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)