レジを商品が通過する「ピッ」という音で『ジングルベル』を演奏するスーパーのクリスマスドッキリが楽しい!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

海外のスーパー「EDEKA」は、クリスマスを祝ってレジを商品が通過する「ピッ」という音で『ジングルベル』を演奏して買い物客たちを驚かせました。意外なところで演奏が始まるスーパーのクリスマスドッキリをご覧ください。

Sponsored Links

レジを商品が通過する「ピッ」という音が響くスーパーですが、音が上手く重なることで『ジングルベル』が始まります。すると店内が急に暗くなり、レジの店員が息の合った演奏を始めます。

さらにボイスパーカッションまで始まり、クリスマスらしいメロディーが店内に流れます。これには買い物客も大喜びで、レジで待たされても怒る人はおらず、最後には拍手喝采が起こりました。

スーパーマーケットのレジの音で『ジングルベル』を演奏する楽しいドッキリでした。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 文化, 経営・経済 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)