飼い主を待ちきれない犬が自らバスに乗り込み1匹で公園へ通う!!バスの乗客と顔なじみに!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アメリカ・ワシントン州シアトルでは、ここ数週間、飼い主もいないのに1匹でバスに乗り込んで公園へと通っている黒いラブラドール・レトリバーが目撃されて話題となっています。この犬は、バスの決まった席に座り、決まったバス停で降りていくといいます。

Sponsored Links

このバスに乗る犬は、ジェフ・ヤングさんが飼っている2歳のエクリプスという名前のラブラドール・レトリバーとブルマスティフのミックス犬。犬1匹だけでバスに乗る姿は、乗客たちの注目を集め、大きな脚光を浴びています。

この不思議な犬に興味を持ったローカルラジオのホストであるマイル・モンゴメリさんが、犬について調べたところ飼い主のヤングさんを特定することに成功。エクリプスの不思議な行動の謎が解明されました。

エクリプスは、バスに乗って週に何度もヤングさんと一緒に公園のドッグランで遊んでいました。ところがある日、ヤングさんがバスに乗る前にタバコを買っていると、エクリプスは待ちきれなくなりヤングさんを置き去りにして1匹でバスに乗り、勝手に公園へ行ってしまったとのこと。それ以来、エクリプスは降りるバス停を完全に覚え、1匹で勝手に公園へ行ってしまうようになりました。

犬が1匹だけで街中を歩くのは危険にも思えますが、ヤングさんによると街での生活に慣れているエクリプスは歩道を歩き、交通ルールをしっかりと守れるとしています。

またヤングさんは、週に1回はエクリプスを保護した人から電話がかかってくるといい、「今、あなたの犬を保護しているんだけど」と親切にされるとのことですが「自分で帰ってくるので放っておいてください。自分で何をしているのか知っているので大丈夫です」と答えるといいます。

一方、エクリプスがよく利用しているバスを管轄する公共交通局は「犬にバスが高く評価されていることは喜ばしいことだ」とコメントを発表しています。

ヤングさんは、エクリプスに対する放任主義をやめるつもりはないようで「上手くいっているのでそのままにしていくつもり」としています。

ちなみにバスの乗客たちは、犬という珍しい乗客に大喜びで、誰もがエクリプスを見ると笑顔になり、体を撫でて可愛がっているといいます。

非常に自立した賢い犬ですね。街の人もエクリプスに理解がある人ばかりのようで、きっとエクリプスも幸せでしょうね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 国際, 技術・実験, 文化, 生活 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)