喉が違うから「ホーミー」歌える!?喉歌「ホーミー」を歌うモンゴル人は喉の構造が特異なことが明らかに!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

1

ホーミーとは、アルタイ山脈周辺民族の間に伝わる喉歌と呼ばれる歌唱法のうち、西部オイラト諸族(モンゴル国西部と中国新疆ウイグル自治区北部に居住)に伝わるものですが、このホーミーを歌える人々は喉の構造が特異なことが明らかとなりました。

Sponsored Links

ホーミーとは、緊張した喉から発せられる笛のような声を用いた歌唱法です。2つの音を出す不思議な歌唱法が「驚異の唱法」として近年広く海外に知られることとなりました。

ロシア科学アカデミーの研究者は、この歌唱法について調査。その結果、元来のトルコ人たちが特殊な声帯を持っており、この声帯によって複雑な歌唱を実現していることを突き止めました。また研究では、ヨーロッパ人はネイティブトルコ人たちのような喉の構造を持っていないため、ホーミーができないことを示唆しています。

研究では、レントゲン撮影、MRIなどを用いながら、声や脳に関する研究が行われました。

ホーミーは、広大な自然の中で発生する風などの音を模して生み出されたと考えられており、草原のような広い地域ではこの音が広範囲に響くため発達したと考えられています。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 文化, 歴史 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)