テスラ・モーターズの時価総額が目標のアップルを越えるには26年必要なことが明らかに!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

アメリカの電気自動車(EV)専業テスラ・モーターズの時価総額が、同社が目標とする米アップルと肩を並べる水準に達するには、販売台数が大幅に伸びない限り、概算で26年かかるという試算が発表されました。アップルという巨人と張り合うには、生半可な気持ちでは不可能なようです。

Sponsored Links

テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は11日、2025年までに同社の時価総額をアップルに匹敵する7000億ドルまで引き上げられると述べ、アナリストらを驚かせました。テスラの現在の時価総額が266億ドルであることを踏まえると、目標達成には株価が2700%上昇することが必要との指摘が投資家の間から上がりました。

実際のところ、現在の年産5万5000台体制でテスラが時価総額目標を達成するには、40年まで完売を続けなくてはなりません。

マスクCEOは生産能力の増強を見込んでいますが、どれだけ伸びるかが問題。現在テスラのEV1台当たりの時価総額は48万ドルですが、この比率が変わらないと仮定した場合、毎年145万台を販売しなければ時価総額7000億ドル、また将来の成長性に対する投資家の信頼を正当化できません。

同社のEVを購入した者は、マスクCEOが目標に掲げる25年までに、親友や親族を説得して新たに26人に購入させることが必要になる計算です。

これと比較すると、昨年トヨタ自動車(時価総額2211億ドル)の世界全体の販売台数は1020万台で、1台当たりの時価総額は約2万1681ドルでした。

ボストンを拠点とするフィドゥシアリー・トラストのマイケル・ミュラニー主任投資責任者は、テスラのバリュエーションの高さが、同社株式を保有していない理由だと説明。「次世代の自動車かも知れないが、(テスラへの)投資を将来の成長性に対するものと考えるには無理がある」とコメントしました。

ミュラニー氏によると、ドイツのBMWやアウディは最終的にテスラと同等のEVを市場に投入する見込みで、テスラはこうした高級車メーカーとの厳しい競争に直面します。これと比較すると、テスラが目標とするアップルは、1台200ドルのiPhoneを販売する容易な事業を展開していると指摘しました。

テスラが急成長するためには、電気自動車と相性の良い自動運転車を展開できるか否かに懸かっているかもしれませんね。ただアップルも電気自動車に参入する報道もあり、今後、自動車業界がどうなるのかに注目が集まります。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 国際, 経営・経済 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)