音楽は1日1時間!!大音量の音楽の聞きすぎて難聴者が増加中!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

「1日1時間」というとゲームを連想しますが、これは音楽にも当てはまるようです。

世界保健機関(WHO)は、聴力の健康を維持するためには1日1時間以上、音楽を聞くべきではないという基準を発表しました。

Sponsored Links

若年層は、音楽を大音量で聞くことで聴覚を損傷する危険性が高い傾向になるといい、オーディオプレーヤー、コンサート、バーなどの騒音が主な原因だといいます。

世界では、12歳~35歳の若年層の4300万人が難聴になっており、聴覚の不健康は増加傾向にあります。

WHOによると、豊かな中所得国の人々が利用するオーディオプレイヤーの半数が危険なレベルの音量に設定されているといいます。

アメリカの若者を見ると、1994年には3.5%だった難聴率が、2006年には5.3%にまで増加していました。

報告書によると、難聴を防ぐためにはオーディオ機器の音量を下げておくことは重要なものの、オーディオ機器の利用を1日1時間に制限して音に晒されることを防ぐことが重要だといいます。

以下は、WHOが発表した音の大きさと許容時間

85デシベル – 車内騒音のレベル – 8時間
90デシベル – 芝刈り機 – 2時間30分
95デシベル – 平均的なオートバイのエンジン音 – 47分
100デシベル – 車のクラクションや地下鉄 – 15分
105デシベル – 最大音量でのMP3プレーヤー – 4分
115デシベル – ラウドロックコンサート – 28秒
120デシベル – ブブゼラまたはサイレン – 9秒

WHOは、耳の健康を守るための簡単な指針として、音量を最大の60%に抑えることや騒がしい場所では耳栓を装着することを推奨しています。

大音量を聞けば小さい音が聞こえなくなり、さらに大きな音を求めるという悪循環の問題があり、これはアルコール中毒や薬物中毒と同じ構造です。日ごろから音量を控えめにした生活を心がけることが大切なようです。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 生活 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

音楽は1日1時間!!大音量の音楽の聞きすぎて難聴者が増加中!! への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 音楽は1日1時間!!大音量の音楽の聞きすぎて難聴者が増加中!! | コモンポスト | 健康と美容とファッションニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)