猛烈な熱さで飛行ドローン殉職…飛行ドローンを駆使してバヌアツの活火山を空中撮影した映像が圧巻!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

探検家サム・コスマンさんは、バヌアツ領のタンナ島に存在する「世界で最も火口に近づける活火山」として有名なヤスール山で飛行ドローンによる火山の空中撮影を行いました。迫力ある火山の空撮映像をご覧ください。

Sponsored Links

人間では絶対に撮影することができない映像を撮影するため、2台の飛行ドローンが火山の上空を飛びまわりました。撮影された映像は、臨場感抜群の驚くべき火山の映像です。

火口では、真っ赤な溶岩が湧き上がり、周囲には溶岩が飛び散っています。

この映像によって火山に関するさまざまなデータを収集することができましたが、過酷な環境に耐え切れず飛行ドローンは2台とも故障してしまいました。飛行ドローンの犠牲を糧に科学が進歩していきます。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: ガジェット, 国際, 技術・実験, 科学, 自然 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)