ロッキード・マーティンのレーザー兵器「ATHENA」が自動車を1.6km先から破壊に成功!!攻撃兵器に転用可能!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ロッキード・マーティン社が開発を進めているレーザー兵器「ATHENA(アテナ)」がトラックのエンジンを1.6km先から破壊することに成功しました。飛来するミサイルだけでなく、ヘリコプター、船舶、自動車などを攻撃できる兵器として運用することが可能となりました。

Sponsored Links

「Advanced Test High Energy Asset」の略称である「ATHENA」は、30キロワットのファイバーレーザーを用いた兵器システム。ファイバー内で光を増幅して高出力にすることで、たった数秒で自動車のボンネットの鉄板に穴を開けてエンジンを破壊することができるほどの威力を発揮します。

「ATHENA」は、ミサイルを撃墜するレーザー兵器システム「ADAM(Area Defence Anti-Munitions)」を改造したもので、小型ながら破壊力を維持することができました。

「ATHENA」は、まだ開発途中のシステムですが、「ATHENA」の運用実験成功によってヘリコプター、船舶、自動車などを破壊できる攻撃兵器として運用できることを証明しました。

以前には、軍用ゴムボートの破壊に成功したり、5kmを超える距離を動くターゲットを破壊することにも成功しており、精度に威力が加われば恐るべき兵器になると考えられます。

ロッキード・マーティンの上級研究員ロブ・アフザル氏は、「ATHENA」の出力向上を目指しており、2~3年の間に現在の10倍程度となる300~500キロワットにまで高めたいとしています。この程度の出力になると無人偵察機や巡航ミサイルも撃墜可能となり、技術的にも実現可能であるといいます。

電気しか使わないため運用コストが安く、長距離で正確無比な攻撃が可能となれば、銃やミサイルといった物理攻撃に変わる主力になるかもしれませんね。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)