水を使わず超音波によって炎を消す消火装置が大学生によって開発される!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

消火に最も使われるものといえば水ですが、水による消火には水が必要不可欠であり、また消火後の処理も大変です。

ところがアメリカ・バージニア州フェニックスにあるジョージ・メイソン大学の学生は、音を使って消火する画期的な装置を開発しました。

Sponsored Links

ジョージ・メイソン大学の学生ベト・トランさんとセス・ロバートソンさんが開発したこの装置は、重さ9kgの携帯可能な超音波消火装置です。

2人は、音によって消火ができないかと考え、当初は高い周波数の音で炎を消せると考えていました。ところが実際には、ヒップホップ音楽で響いているような低い周波数の音に消火効果があることが判明しました。

30ヘルツ~60ヘルツの音が効果的に炎を消せるといい、健常者が聞き取れる20ヘルツ~2万ヘルツの範囲内です。

炎が消えるメカニズムは、音は空気の振動であるため音が鳴る空間では空気の速度が変化します。その際、特定の周波数では音の境界層が出現し、空気の濃い部分と薄い部分が形成されます。この空気の層によって炎が断絶されると、物体が燃焼するために必要な酸素が一時的に供給されなくなり、結果、消火に至ります。

この装置では、一定規模の空間における炎を完全に沈火することができ、再燃の心配もないとのことです。

この装置がより強力になれば、飛行ドローンに搭載して森林火災を音で消したり、初期消火に役立ったりする可能性があり、消火活動が根本的に変化するかもしれません。また重力がない宇宙空間における消火も、音なら容易に行うことができます。

2人は、この試作機を600ドル(約7万1500円)で開発したとのことで、現在はアルコールを燃料にした炎の消火実験しか行ってないため、今後はさまざまな燃焼物に有効なのかを調べるといいます。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: ガジェット, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)