地球の中心を通って反対側まで落下する時間が38分であることが明らかに!!従来説より4分短縮!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

地球の中心を通って反対側まで繋がる大きな穴があった場合、その穴に落下した人はどの程度の時間で反対側まで到達できるでしょうか。

従来の研究では、42分程度と考えられていましたが、新たな研究の結果、さらに短い38分程度であることが分かりました。

Sponsored Links

カナダ・モントリオールにあるマギル大学の物理学を専攻する大学院生アレクダンサー・クロッツさんは、地球の中心を通る穴を使って反対側へと到達する時間を独自に計算。その結果、38分11秒であることを突き止めました。従来の研究では、42分12秒と考えられていましたが、さらに4分程度短いとされています。

この時間短縮の理由は、地球の密度にあります。地球の中心部分「コア」は地表とは異なる物質で形成されており、コアの密度が地表の110%程度だとして計算。密度が高いと重量は重く、発生する重力も大きくなるため落下速度が上昇し、反対側に到達する時間が短くなるといいます。

計算では、地球の反対側へ到達するまでの最高速度は時速2万9000kmに達するとされ、地表から約6370km地点にある地球の中心に近づくほどに重力によって加速します。そして中心を通過すると今度は重力に引っ張られて減速し、地表に到達します。

地球は正確な球体でもなければ構造が対照的でもないため重力も変動しますが、仮に均質な状態だった場合、空気抵抗を無視すれば反対側に到達した際の速度は時速0kmとなり、ピタリと止まることになります。

地球の反対側までトンネルがあれば、38分で行くことができるようですね。ただし生き残ることができれば話ですが。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 科学, 自然 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)