騙されて2万円で売却された数千万円の価値あるバンクシーの壊れたドアがガザの公立図書館へ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

以前、覆面芸術家バンクシー作品と知らず数千万円の価値ある壊れたドアを2万円で売却したガザ地区の男性をご紹介しましたが、このドアが騙し取った男から押収されて公立図書館に保管されることになりました。ドアはどうなってしまうのでしょうか。

Sponsored Links

パレスチナ自治区ガザ地区の警察は9日、世界的に知られるイギリスの覆面グラフィティーアーティストのバンクシーがイスラエル軍の空爆で破壊された家のドアに描いた作品を持ち主ラベア・ダードゥナさんからわずか2万円程度で買い取った男から押収しました。

ダードゥナさんは「作品の価値やバンクシーが誰かまったく知らなかった」と語り、「知っていたらこんなに安値で売らなかった」と説明していました。この作品は今、同地区のハンユニス公立図書館に保管されています。

一方、ドアを買ったのは地元のグラフィティアーティストで、バンクシーの絵を手に入れることが夢だったといいます。バンクシーの絵であることは伝えたが、そう印象付けることはできなかったようだ、と主張していました。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 事件・事故, 国際, 文化, 経営・経済, 芸術 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)