世界一幸せそうな笑顔をする動物「クアッカワラビー」を燃やした観光客が逮捕される!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

オーストラリアに生息する世界一幸せそうな笑顔をする動物として有名な「クアッカワラビー」が、フランス人観光客に燃やされるという事件が発生しました。この観光客たちは特定され、逮捕されました。

観光客にクアッカワラビーが燃やされる決定的瞬間をご覧ください。

Sponsored Links

クアッカワラビーを燃やしたのは、2人のフランス人観光客ティボー・ジャン・レオン・バレット(24歳)と、ジャン・ミカエル・バトリキアン(18歳)。絶滅危惧種の有袋類に対して被害を与えた罪に問われていますが、2人は容疑を認めています。

2人は、訪れた西オーストラリア州で見つけたクアッカワラビーに対し、スプレーとライターを使って炎を吹き付けました。その際の映像も撮影されていました。

2人は、4000オーストラリアドル(約37万円)の罰金が支払えない場合、7日間の拘留を余儀なくされるといいます。

体の毛が焦げて煙が出ていますが、被害に遭ったクアッカワラビーは大したケガはなかったようですね。こんな可愛い生き物にイタズラをするなんて、いったい何を考えているのでしょうか。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: その他, 事件・事故, 動物, 国際, 政治・法律, 自然 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)