寡黙な図書館の警備員が密かに演奏していたピアノの音色が美しすぎると話題に!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

グルジアにあるグルジア議会の国立図書館で、どこからともなく美しい音楽が聞こえてくることが話題になっていました。その音楽は、実は図書館の警備員が演奏していたことが明かになりました。

警備員がピアノで美しい演奏を密かに楽しむ様子をご覧ください。

Sponsored Links

ピアノの前に座っている1人の男。よく見るとそれは警備員でした。

警備員は、誰もいない部屋で人に聞かせるためではなく自分のためにピアノを演奏しています。その演奏は見事なもので、思わず聞き入ってしまうほどの完成度です。

この警備員は、オマール・ツェレテリさんで、隠し撮り映像によって謎のピアニストの正体が判明したことで大きな話題となっています。

誰かのためではなく自分のために密かに演奏しているのが、孤高のピアニストっぽくてカッコイイですね。ちなみに演奏されていた曲は、イタリアのピアニストであるルドヴィコ・エイナウディの『Giorni dispari』でした。

『Giorni dispari』

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 文化 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)