海底で眠っていた170年前のシャンパンが引き上げられる!!当時の製法を知る手掛かりに!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

沈没船に眠っていた19世紀の甘いシャンパンが発見されました。フィンランド沖のバルト海で沈没した貨物船の中から発見されたもので、何世紀も前のワイン醸造法を知る手掛かりとなっています。

Sponsored Links

2010年にバルト海の海底で発見された168本のシャンパンは、現代のものに比べ糖度が3倍。冷たく暗い海底が、ワインを保存する理想の環境だったとみられており、発見されたシャンパンはほぼ完ぺきに170年前の状態を保っています。その味は「香ばしい薫製のような風味豊かな味わい」の美酒だったといいます。

欧州の研究者らが当時の成分や味を分析したところ、現在のシャンパンとは製法が異なり、砂糖が大量に加えられ、アルコール度数は低めとなっています。

フランスのランス大学のジャンデ教授は「世界でこれまでに飲まれた中で、最も古いシャンパンだろう」と話しています。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 文化, 歴史, 科学, タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)