インターネットが8年後に崩壊することが明らかに!!35年後には全電力がインターネット使用に使われる!?


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

インターネットは、あと8年で崩壊してしまうかもしれません。

イギリスの研究者らは、近年のインターネットの利用状況から研究者たちはデータ転送量の増大に対応できず、システム自体が崩壊すると予想しています。この危機的状況を回避するために、今月末に開かれる英国王立協会の会議には最先端の技術者、科学者、通信会社が集まり対策を模索するといいます。

Sponsored Links

近年、コンピュータの進歩と発展によって、インターネットテレビ、ストリーミングサービスといったよりデータ転送量の多いサービスが提供されるようになりました。これらのシステムは通信インフラに過度な負担を与えています。

専門家によると、ラップトップ、スマートフォン、タブレットの増加によって、8年以内にデータ転送量が限界を超えてしまうと予想。この予想は、過去10年間でデータ転送量が50倍に増加していることからも導き出されています。

2005年のブロードバンド回線の最大通信速度は2Mbpsでしたが、現在では多くの国で100Mbpsの高速インターネットが利用可能になっています。しかし、光ファイバーではこれ以上大容量のデータを送ることはできず、すでに限界に達していると科学者たちは警告しています。

アストン大学のアンドリュー・エリス教授によると、今後はインターネットの使用料金を上げるか、インターネットの利用に上限を設定するしかないといいます。

現在、研究開発レベルで光ファイバーのデータ転送量は限界に達しており、さらに最先端の技術が市場に提供されるまでには6年~8年の期間が必要とのこと。これまでどうにか開発スピードを上げて供給が需要を超えていたものの、それも限界に達しているといいます。

またこのままインターネットが広がり続ければ、20年後の2035年には、イギリス国内で生産される電力よりも、インターネットによって消費される電力のほうが上回ると予測しています。

現在インターネットの電気使用量は増大しており、先進国では全エネルギーの2%をインターネットによって消費しているとのこと。これは航空業界のエネルギー消費量と並ぶといいます。

インターネットのデータ転送量が増加すれば、電力消費量も増加するため、コストが増大してしまうようですね。今後、無制限にインターネットを楽しめなくなってしまうのかもしれません。またその限界点が8年後に迫っていることに驚きです。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)