陸地で数週間も生き続ける魚「キノボリウオ」がオーストラリアを侵略中!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

中国から東南アジアに生息している陸地で数週間も生き続ける魚「キノボリウオ」が、オーストラリアで大きな問題となっています。いったいキノボリウオが何を引き起こしているのでしょうか。

Sponsored Links

キノボリウオは、中国南部から東南アジアに広く生息し、湖沼、河川に生息しています。メコン川などでは内陸の奥深くまで分布している魚です。そんなキノボリウオが、パプアニューギニアを経由してオーストラリア北部に進出しているといいます。

キノボリウオは、魚でありながら特殊な鰓を持っており、陸上で数日から数週間生存することが可能です。エラブタの中に上鰓器官(ラビリンス器官)を持ち、これを利用して空気呼吸ができます。さらに丸い体を生かして胸鰭を使って這い回ることができ、陸上を移動することが可能です。

さらに淡水魚でありながら海水でも生存可能で、オーストラリアのさまざまな地域に広がる可能性があります。

またキノボリウオの鰓は特殊であり、鳥や魚が食べようとすると体を曲げるなどして抵抗します。この抵抗によって鰓が喉に引っ掛かって飲み込めなくなり、捕食者が死んでしまうことがあります。

なんともないように見える小魚ですが、オーストラリアでは自然環境に大きな影響を与えるようですね。

予備

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 事件・事故, 動物, 国際, 技術・実験, 自然 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)