人間の脳みそを食べることで認知症を防げることが明らかに!!カニバリズムが難病解明のヒントに!?


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

人間が人間を食べる「食人(カニバリズム)」は、人類最大のタブーであり、世界各地の文化の中では基本的に忌み嫌われることです。しかしこのカニバリズムが、難病を克服のカギになるかもしれません。

イギリスやパプアニューギニアの科学者グループは、蛋白質「プリオン」が原因となる病気の科学的解明のため、かつて脳を食べる習慣があったパプアニューギニア高地の部族についての研究を進めています。パーキンソン病や認知症の治療にもヒントを与える可能性があるといいます。

Sponsored Links

かつて親族の葬式にその脳を食べる儀式を行っていたパプアニューギニアのフォア族は、それが主因でクールー病と呼ばれるBSE(狂牛病)に似た病気が蔓延したが、やがて病気に対する遺伝的な耐性を身につけたといいます。

フォア族の間では、1950年代にクールー病が最も蔓延し、人口の2%がクールー病を患いました。

英科学誌ネイチャーに掲載された研究によると、科学者チームはフォア族の研究によって、この特定のプリオン耐性遺伝子を突き止め、クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)すべてに有効であることを発見しました。

プリオンは感染症の病原体として人間ではCJD、畜牛ではBSEといった死に至る脳症を引き起こします。プリオンが原因で認知症を発症するケースもあり、科学者らはアルツハイマー病やパーキンソン病などの神経変性疾患が進行するプロセスを知る手がかりになると考えています。

カニバリズムは、宗教的儀式として行われることが多く、東日本にも多く確認されています。日本でも愛知県、兵庫県、愛媛県、新潟県などには遺骨を齧る「骨かみ」と呼ばれる風習が存在します。そのほか日本、中国、韓国では、薬の材料として人間を利用する事例が存在します。

source

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: その他, 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)