バッハのカノンに隠されたメビウスの輪!!表裏一体にしても音楽として調和を作り出す「クラブカノン」がスゴイ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ドイツで活躍したヨハン・ゼバスティアン・バッハは、晩年に驚くべき音楽を生み出していました。数学的な音楽とも言えるバッハの「クラブカノン(蟹のカノン)」をご紹介します。

Sponsored Links

こちらが「クラブカノン」を解析した動画。普通に演奏するともちろん調和のある音楽となりますが、それだけではありません。

「クラブカノン」は反対向けに逆行して演奏しても音楽として成立し、通常演奏とは異なる旋律となります。さらに両方から同時演奏しても音楽として成立し、メビウスの輪のように全体をねじっても完璧な調和を実現します。

音楽をここまで立体的に数学的に考えて作っていたなんてまさに天才ですね。「クラブカノン」に隠された驚くべき秘密を解き明かす解析動画でした。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 文化, 歴史, 科学 タグ: , , , , , , パーマリンク

バッハのカノンに隠されたメビウスの輪!!表裏一体にしても音楽として調和を作り出す「クラブカノン」がスゴイ!! への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【社会・教育】杏林大学:平成28年度入試概要のご案内 | メンズトピックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)