日米ロボット大戦必至!!アメリカの巨大ロボット「メガボット」の挑戦に日本の巨大ロボット「クラタス」が受けて立つ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

先日、アメリカの巨大ロボット企業メガボッツが巨大ロボット「クラタス」で知られる日本の巨大ロボット企業の水道橋重工に向けて宣戦布告動画を公開したことをお伝えしましたが、水道橋重工がこの挑戦を受けることを明らかにしました。

Sponsored Links

先日メガボッツは、開発した巨大ロボット「メガボット」と日本の水道橋重工が開発した巨大ロボット「クラタス」を戦わせようと提案し、宣戦布告動画を公開。大きな話題をなっていました。

この宣戦布告を受けて水道橋重工も動画を公開。水道橋重工のCEOでありクラタスの開発者である倉田光吾郎氏がメガボッツを挑発している内容で、「もうちょっとカッコよく作れよ!」「アメリカ丸出し」と相手を煽るコメントを寄せています。また「巨大ロボットは日本文化」と豪語し、「ブン殴って倒して勝つ」と格闘戦を提案しました。

倉田氏はブログに「どんな返事だろうと、早い方が色々いいわな、、、ということで、この2~3日はフル回転。アイツらは、ビデオゆっくり作るもあったのだろう、ちょっとずるい。こっちも仲間は精鋭揃いとはいえ、大変なんだぞ、、、。」と映像公開までが大変だったことを吐露。

さらに「国旗があろうが、アメリカ人だろうが日本人だろうが。戦いに憎しみ持ち込んだら戦争、憎しみの無い戦いはスポーツというのがオレの認識。今回は間違いなく後者、スポーツ。」「だって、自分で作ったロボット自慢したくてこんなバカ動画送ってくる連中だぜ。まだ会った事もないけど、オレ、こういう連中大好きだもん。」「全力で遊んでやんよ。でも負けねぇぞ。」と相手へのリスペクトと闘争心を忘れていません。

戦う前から火花を散らしている両者。メガボットもクラタスも動くのがやっとの状態で、格闘戦が行えるような高度なロボットではありませんが、果たしてどのような戦いとなるのでしょうか。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: スポーツ, 乗り物, 国際, 技術・実験, 文化 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)