ベースとギターの音を同時に鳴らせる電子楽器「チャップマン・スティック」がスゴイ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

チャップマン・スティックとは、1970年代初頭にアメリカのエメット・チャップマンによって発明された電気楽器。ベースとギターの音を同時に出せる非常に複雑な演奏を実現できる楽器です。今回は、そんなユニークな楽器をご紹介します。

Sponsored Links

エメット・チャップマンは1969年に生み出した、両手をフレットに対して並行にして弾く、“フリー・ハンズ”タッピング奏法のための新しい弦楽器を設計しました。そして完成したスティックの最初のモデルは1974年に出荷されました。ドラムスティックと区別するため、作者の名と併せてチャップマン・スティックとも呼ばれます。

スティックはエレキギターの指板が幅広くなったような見た目で、8弦、10弦、12弦がラインナップされてます。通常のギターの片手でフレットを押さえ、もう片方の手で弦を爪弾くという奏法と違い、フレットに対し両手で弦を叩きつけて音を出すため、他の弦楽器が一度に出せる音よりもはるかに多くの音を一度に奏でることができます。

ベースライン、メロディライン、和音などを同時に作り出すことができるため、両手で演奏すると数人で演奏しているかのようなメロディを作り出しています。

これなら1人で複雑な音楽を作れますね。ただし体得するには、相当な練習が必要となりそうです。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: ガジェット, 国際, 技術・実験, 文化 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)