ストーンヘンジ近くに新遺跡!!約90個の巨石列柱を地中に発見!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

イギリスの有名な古代遺跡「ストーンヘンジ」の近くで地中に埋もれた先史時代の謎の巨石群遺跡を発見したと、英大学などの考古学者チームが7日、発表しました。最大90個の直立巨石は、当初の高さ約4.5mで、約4500年前のものとみられる。土塁の下に数千年間、埋もれていた可能性があります。

Sponsored Links

調査チームによると、新たな巨石群が最先端センサー技術によって見つかったのは、ストーンヘンジから3km足らずの距離にある遺跡「ダーリントン・ウォールズ 」。直径500m、外周1.5km以上に及ぶ「スーパーヘンジ」と呼ばれる環状遺跡で、幅17.6mの溝と高さ約1mの土塁に囲まれていますが、遺跡の一方の側面が直線状で、他方は湾曲している点が長年、考古学上の謎とされてきました。

イギリスのブラッドフォード大学のビンセント・ギャフニー氏は、英国放送協会の取材に「ダーリントン・ウォールズは巨大構造物で、これまでは単に巨大な土塁と溝の囲いからなると考えられていた。だが、この巨大構造物の下に、別の構造物が存在している」と語りました。

発掘調査はまだ行われていませんが、新たに発見された巨石群が押し倒された上に、ダーリントン・ウォールズの環状土塁が築かれたと考えられています。

ストーンヘンジ世界遺産遺跡内にあるダーリントン・ウォールズは、直立した石や木が円形に並ぶ「ヘンジ」と呼ばれる遺跡の中では最大規模を誇ります。

調査チームによると、直線状の土塁の端が実際は「C字型」の巨石構造物の上に位置していることが、地中探知レーダーによって判明したとのこと。この構造物は、新石器時代に宗教的儀式や集会を行う場として使用されていた可能性があるといいます。

今回の発見は、イギリスのバーミンガム大学とオーストリア・ウィーンのルートビヒ・ボルツマン研究所が共同で進める「ストーンヘンジ地中景観プロジェクト」の成果。

プロジェクト創始者であるルートビヒ・ボルツマン研究所のウォルフガンク・ノイバウアー所長は、「非常に重要で素晴らしい発見」と評した上で、巨石構造物は当初、最大200個の石で構成されていた可能性があると指摘しました。

ノイバウアー所長によると「現在存在しない石は、後にストーンヘンジを建造する石材に使われたかもしれない」と述べ、残された巨石について、移動を試みた際に壊されたとの見方を示しています。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 建造物, 技術・実験, 歴史, 科学 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)