エプソンのプリンターインク商法が詐欺だと男性が告発!!残量1%表示も20%以上残っていることも!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

パソコン関連製品の中でもとりわけ支出の多くなるのは、プリンターのインク。ところがこのプリンターのインクの残量が表示と大きく異なっていると話題となっています。この事実を告発した男性は「詐欺商法」とプリンターの販売元エプソンを激しく非難しています。

Sponsored Links

告発動画を作成して実験した男性は、エプソンのプリンター「Epson 9900」のインクを開封します。すると350mlのカートリッジには80ml、700mlのカートリッジには120mlのインクが残っており、まだインクが残っている状態で「残量が1%」と表示されていたことになります。

残ったインクの量を考えると、1ヶ月で数百ドル(数万円)の損失になっていると指摘しています。

実験者は、エプソンにインクの問題点について何度も問い合わせていたとのことですが、エプソンは全く対応せず、最後には「あなたが間違っています」と回答して、それからは連絡が取れなくなったといいます。

おそらくプリンター本体を安くで売って、インクで稼ぐビジネスモデルなのでしょうが、それにしても高いインクを無駄に買わされていたなんて消費者としては怒り心頭ですね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, ガジェット, 事件・事故, 国際, 経営・経済 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)