『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』で予測された未来で実現したもの、していないものまとめてみた!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』は、1985年から2015年10月21日へとタイムトラベルする映画ですが、本日はそんなマーティとドクが過去から未来へとやってくる日です。そこで今回は、『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』で予測された未来の中で描かれていたモノの中で、実現したものと実現していないものをまとめました。

Sponsored Links

作中では、空飛ぶスケートボード「ホバーボード」、電子レンジで温めて食べる冷凍食品、3D映画など、さまざまなモノが描かれています。その中で現実の2015年で実現したモノ、実現していないモノは次のモノとなっています。

実現したモノ
・ウェアラブル技術
・3D映画
・ビデオ通話通信
・マイクロ波スタイルの食事
・無人航空機(ドローン)

実現していないモノ
・空飛ぶスケートボード「ホバーボード」
・空飛ぶ車
・自動靴ひも結びシューズ
・タイムトラベル技術
・ファックスの流行

実現したモノは、スマートフォンの普及やグーグルグラスの誕生による「ウェアラブル技術」、視覚映像技術の発展による「3D映画」、インターネット通信によって大容量のデータのやりとりが可能となったことで実現した「ビデオ通話通信」、電子レンジで温めて食べる冷凍食品の普及による「マイクロ波スタイルの食事」、戦場でも日常でも使われている「無人航空機(ドローン)」です。

これらの技術の中には、2015年を迎えるかなり前に普及しているモノもあり、ある意味では映画で描かれていた世界を凌駕していると言っても過言ではありません。

一方で実現していないモノは、空飛ぶスケートボード「ホバーボード」、空飛ぶ車、自動靴ひも結びシューズ、タイムトラベル技術、ファックスの流行などとなっています。ただしこれらの中には、実現する寸前のモノや実現したもののさらに進歩したため流行遅れになったものもあります。

ホバーボードや空飛ぶ車は開発が進められており、すでにプロトタイプと呼べるレベルの製品が発表されています。自動靴ひも結びシューズに関しては、映画に合わせて開発が進められています。タイムトラベル技術は、量子力学の研究が盛んに行われており、量子論レベルでは可能となっています。

ファックスの流行については、現実の2015年時点では映画の世界をはるかに超えた結果となり、すでに流行をすぎて使われなくなっています。

これらのほかにも、映画内には次のような未来の技術が描かれています。
・美容整形工場
・マルチチャンネルテレビ
・ホログラム映画

現在の2015年には、美容整形工場は存在しないものの美容整形手術が世界中で行われており、ある意味では映画の予測が的中しています。また2つ以上のテレビ番組を見ることができるマルチチャンネルテレビは、恐らく集中して番組を見られないため実用化される可能性は低そうです。ホログラム映画に関しては、ホログラムではないものの3D映画があるため、3D映画で代用しているように思われます。

こうして見てみると、1989年に描かれたとは思えないほど、高い精度で未来を見通していた映画だったようですね。技術に注目して『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』を見返せば、面白い発見がありそうです。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, 国際, 技術・実験, 科学, 芸能 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)