国際宇宙ステーション(ISS)の建設の様子を微速度撮影風に再現したシミュレーション映像が面白い!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

国際宇宙ステーション(ISS)は、宇宙の情報を収集して研究する施設として広く利用されています。今回は、そんな国際宇宙ステーションがどのように建設されたのかをとらえたタイムラプス風の再現映像をご紹介します。

Sponsored Links

国際宇宙ステーションは、アメリカ合衆国、ロシア、日本、カナダ及び欧州宇宙機関 (ESA) が協力して運用している宇宙ステーション。1999年から軌道上での組立が開始され、2011年7月に完成しました。

この映像では、そんな国際宇宙ステーションの建設の様子をシミュレーションして再現しています。

さまざまなパーツを少しずつ増設することによって巨大化していく国際宇宙ステーション。モジュールを打ち上げては組み立てる作業を絶え間なく続けていたようです。

単純に設備を増設しているだけでなく、一度、設置した設備の位置を変えて再利用したりしていたようですね。国際宇宙ステーションは、当初の運用期間は2016年までの予定でしたが、アメリカにより少なくとも2024年までの延長が検討されています。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 国際, 建造物, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)