昔のアメリカ人はこんなご飯を食べていた!!アメリカの家庭の晩御飯100年間を再現した動画が面白い!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

飽食の現代では、アメリカ人もさまざまな料理を楽しんでいます。しかし100年前は、どんな料理を食べていたのでしょうか。

今回は、アメリカの家庭の晩御飯100年間を再現した動画をご紹介します。

Sponsored Links

1915年~2015年までのアメリカ人の料理を再現したこの動画。食べ物の乏しい時代は、非常にシンプルな料理でした。

1915年はジャガイモとローストビーフ、1925年は米に鶏肉と野菜のクリームソースをかけたもの、1935年は食パンにクリームチップドビーフをのせたものとグリーンピースです。

1955年からはテレビディナーと呼ばれるパック料理が出現。その後はチーズフォンデュ、ハンバーガー、タコスなど、多様な国の料理が食卓にのぼります。

そして2005年には寿司が登場。2015年は野菜を多く取り入れた料理となります。

一貫してシンプルな料理が続いていますが、あまり手の込んだ料理は食べられないみたいですね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 文化, 歴史, 生活, タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)