グーグルの自動運転車が「遅すぎる」ことを理由に警察に止められる!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

グーグルが開発している自動運転車が、テスト走行中、警察に停止させられる出来事が発生しました。その理由はなんと「危険運転」ではなく「遅過ぎ」だったことが明らかになりました。

Sponsored Links

グーグルが公道で試験走行をしているセルフドライビングカー(自動運転車)は、安全上の理由から時速40kmを超えないよう設定されているといいます。しかし、カリフォルニア州で、制限速度が時速56kmの区間を走行していた際、あまりにも速度が遅いことから警察官に止められたといいます。

グーグルは「Google+」への投稿で、車両の走行に制限速度を設けているのは、人々が恐怖心を抱かないようにするためだと説明しました。

あまりにもスピードが遅すぎて捕まるなんて皮肉ですね。ただし周辺状況に合わせて走行することは自動車の運転に求められる能力のため、今後の課題になるかもしれませんね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, 乗り物, 事件・事故, 国際 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)