時速735kmの暴風を顔面に受けるとどうなるのかを調べた実験動画がスゴイ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

1946年にアメリカ航空宇宙局(NASA)のラングレー研究センター行われた「人間はどの程度の風に耐えられるのか」を調べた実験映像をご紹介します。時速735kmの暴風を顔面に受けると人間はどうなってしまうのでしょうか。

Sponsored Links

気体が動くことで発生する風は、人間の体にも大きな影響を与えます。この実験では、実験者に当てる風を徐々に速めていきます。

スピードが上がると顔の肉が激しく震え始めます。そして時速735kmに到達すると、頬の肉が取れてしまいそうなほどブルブルと震えており、被験者はひたすら耐えている状態となります。

時速735kmの風となると目を開けることさえできなくなってしまうようですね。今では絶対に見ることができない人体実験でした。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)