犬の睾丸に寄生した大量のウマバエの幼虫を油で揚げて調理した史上最低の料理がエグすぎる!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

これほど食べたくない食べ物が、かつてこの世に存在したでしょうか。

大量の寄生虫の幼虫「ウマバエ」に寄生されている犬ですが、その睾丸にもビッシリとウマバエが寄生しています。その睾丸のウマバエを搾り出して油で揚げてみた史上最低の料理をご紹介します。

Sponsored Links

体にたくさんの穴がある犬。搾るとウマバエの幼虫が飛び出してきます。柔らかい睾丸にも無数のウマバエが寄生しており、搾ってみると大量に出てきました。

このウマバエの幼虫をなぜか熱した油入れて揚げていきます。水分が多いのか、ウマバエは激しく跳ねています。

あまりにもグロテスクな幼虫ですが、それを揚げるという発想が信じられませんね。これほど不味そうな料理は、なかなかありません。

予備

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: その他, 動物, 国際, 技術・実験, 文化, タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)