エサとしてシベリアトラに与えられたヤギが1ヶ月経っても食べられず!!友情が深まり親友に!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

昨年11月、エサとしてシベリアトラに与えられたヤギが生き延びるためにトラと友達になったことをお伝えしましたが、あれから1ヶ月以上が経ってもヤギは食べられていないことが分かりました。ヤギは完全にトラと打ち溶けており、友情を深めて親友関係になっているといいます。

Sponsored Links

この奇妙な出来事は、ロシア・ウラジヴォストークの動物園で発生した出来事。1週間に2回、シベリアトラに生きた動物をエサとして与えていましたが、2015年11月27日に与えたヤギにだけはいつもと異なる態度を取りました。

通常ならヤギはトラに襲われて食べられてしまいますが、なぜかこのヤギは襲われなかったとのこと。それどころからトラと仲良くなり、一緒に暮らしてしまいました。

ヤギはティムールと名付けられ、そのままトラの飼育施設内で飼育していますが、1ヶ月以上が経った今でもトラと一緒に暮らしているといいます。

最初のうちは、飼育員も「1週間もすれば空腹になったトラがヤギを襲うだろう」と考えていましたが、1週間が経ってもトラはヤギを襲いませんでした。動物園の来園者からも、「ヤギを助けるためにトラの飼育施設から出して欲しい」という意見が噴出しました。

しかしそれらの心配も不要でした。1ヶ月が経ち、トラとヤギのティムールの関係性はより深まっており、今では仲良く並んで散歩をしたり、一緒に遊んだり、同じ水を飲んだりするようになりました。

すでにティムールは、トラから離れることを嫌がるようになっており、トラのそばにいるときには安心しているといいます。またトラよりも人間を恐れているといい、人間に見られるとストレスを感じるような状態になっています。

奇妙な組み合わせですが、時間が経つことで関係性がより深まっているようですね。2頭はこのまま仲良く暮らしていけるかもしれませんね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 国際, 技術・実験, 文化, 生活 タグ: , , , , , , , パーマリンク

エサとしてシベリアトラに与えられたヤギが1ヶ月経っても食べられず!!友情が深まり親友に!! への1件のフィードバック

  1. 匿名 のコメント:

    これこのヤギのあとに与えられたヤギは食ってるのかな、だとしたらますます謎だな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)