海底施設で炭酸飲料「コーラ」を振って開けてみた科学実験が面白い!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

地上で炭酸飲料「コーラ」を振って開封すると、炭酸の気泡が大きく膨らんで缶から溢れてしまいますが、果たして宇宙船内での訓練をする海底施設ではどうなるのでしょうか。今回は、海底施設でコーラを振って開けてみた科学実験をご紹介します。

Sponsored Links

この実験を行ったのは、アメリカ航空宇宙局(NASA)のカナダ人宇宙飛行士クリス・ハドフィールドさんです。

コーラを攪拌したクリスさんは、目を細めながらコーラを開けます。ところがコーラに異変は起こらず普通に飲んでしまいました。

攪拌したコーラが溢れる理由は、気泡が缶の表面にくっつき、開封したときに減圧されることで気泡が膨張して膨らむためです。海底施設内では地上よりも気圧が高くなっており、コーラを開封しても気泡が膨らまず溢れなかったようです。

海底施設内でコーラを振って開けてみた科学実験でした。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

海底施設で炭酸飲料「コーラ」を振って開けてみた科学実験が面白い!! への2件のフィードバック

  1. 匿名 のコメント:

    無重力?うそばっかり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)