水中で人間に向けて銃弾を発射して水の密度を身を持って証明する科学者がスゴイ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

科学者のアンドレアス・ワールさんは、空気に比べて水の方が密度が高いことを示すために、プール内で自分自身に銃弾を発射しました。はたしてワールさんは銃弾の直撃を免れることができるのでしょうか。

Sponsored Links

空中では遠くまで飛んでいく弾丸ですが、水中では水の抵抗によって遠くまで飛んでいきません。ワールさんは、そのことを身を持って証明しました。

プールに入ると、自分自身に向かって銃弾を発射するワールさん。銃までの距離は3mほどです。

しかし銃弾は、水の中で減速して、ワールさんに当たる前に水中に沈んでいきます。ワールさんはほっとした表情を浮かべています。

論理的には理解できていても、自分の体を使って実験することはなかなかできませんね。「知行合一」を実践する物理学者の実験でした。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 科学 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)