実験室で培養された人工肉を用いた世界初の培養ミートボールが美味しそう!!3年後には一般発売へ!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

食料問題や環境破壊を防ぐために研究が進められている動物の細胞を培養して食用にするという試みですが、ついに実験室で培養された人工肉を用いた世界初の培養ミートボールが開発されました。このミートボール、3年~4年ほどで一般販売を目指しているといいます。

Sponsored Links

メンフィス・ミーツ社が発表したこのミートボール。一見すると普通のミートボールですが、実験室で生産された人工肉を用いて作られたミートボールだといいます。

メンフィス・ミーツ社の研究チームは、牛、ブタ、ニワトリなどの細胞を実験室で培養し、少量ながらも肉の生産を行っているといいます。今回、プロのシェフに力を借りて、その人工肉をミートボールにしました。

メンフィス・ミーツ社によると、人工肉は家畜に比べて二酸化炭素排出量を90%削減することができ、効率的に肉を生産することができるとのこと。通常、1カロリー分の牛肉を生産するためには23カロリーのエネルギーが必要となりますが、人工肉の場合には3カロリーで生産できるといいます。また肉の生産に抗生物質や添加物を必要としません。

細胞には酸素、糖、ミネラルなどの栄養素を供給して成長させ、9日~21日間で収穫が可能だといいます。

メンフィス・ミーツ社は、3年~4年後には一般発売を目指しており、20年後には市場で販売されるほぼ全ての肉を人工肉に置き換えることを目指しているといいます。

現時点では実用化にはほど遠いコストがかかっており、現在、1ポンド(約453グラム)あたり4ドル(約450円)で生産できる牛ひき肉を人工肉で作ると1万8000ドル(約200万円)を必要とするとのこと。ただし投資家からの資金調達を得ており、200万ドル(約2億2500万円)の投資を受けているといいます。

肉の需要の増加と環境問題を考えると将来的には人工肉が普及することも考えられますが、どの程度の期間で実用化されるかはコスト問題次第のようですね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 動物, 国際, 技術・実験, 科学, 経営・経済, タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)