これで火も確保できる!!原始的道具だけを使って木炭を作ってみた!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ガスや電気がなければ火を使うときには薪を使うことになりますが、薪は煙が出るため家の中で使うには不向きです。そこで原始の道具だけを使って生活している男性は、自然にあるモノだけを使って木炭を作ることにしました。

Sponsored Links

まずは大きな木を石で割って薪を作っていきます。次に大きな薪を立てて、その周囲に小さな薪を並べていきます。薪を徐々に小さくしていき、外部には小枝と枯葉を置いて薪の山を作りました。

今度は、土と水をこねて粘土を作り、薪の山を覆うように置いていきます。そして粘土の山の頂点と下部の穴を開けておきます。

全ての準備が整うと、山の頂点に着火して内部の薪に火を着けます。火が内部の薪全体に行き渡ったところで穴を塞ぎ、空気を遮断します。そして内部の炎が完全に消えたところで山を崩せば、薪は木炭となっています。

炭は空気を遮断した不完全燃焼の状態で木材を燃やすことで作ることができるため、粘土で空気を遮断して作ったようですね。

普通ならかまどで作りますが、粘土でかまどを応用したということのようですね。一度にこれだけの木炭を作れれば、原始生活には困らなさそうですね。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 生活, 自然 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)