アマゾンに伝わる伝説の沸騰する川「マヤンチュアク」がスゴイ!!大量の熱湯が流れ出す!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ペルーにあるアマゾンの熱帯雨林奥深くには、昔から熱湯が流れる沸騰する川が存在するとされてきました。今回は、そんな川を撮影した写真をご紹介します。

Sponsored Links

この川があるマヤンチュアクと呼ばれる神聖な場所にある川で、「水の母」と呼ばれる巨大なヘビによって生み出されていると信じられています。人々は、熱湯である理由について太陽の熱によって温められたと信じています。

幅25m、深さ6m、長さは4.6kmとかなり大きな川で、お湯が湧き出している部分は100℃に達します。また広範囲で50℃~90℃を保っており、非常に高温のため川に落ちた動物は死んでしまいました。

これほど特徴的である川にも関わらず、その存在はほとんど知られていませんでした。1930年ごろにいくつかの雑誌で曖昧な情報が紹介されてから、その後、75年間に渡ってほとんど知られることはありませんでした。ペルー人の間でも、この沸騰する川は伝説とされていました。

沸騰する川が人々に信じられていなかった理由は、その熱量にあります。大量の水を沸騰させるには途方もない熱量が必要で、アマゾン流域は近くの活火山から640kmも離れているため、地質学者たちも沸騰する川を信じませんでした。

ところが南メソジスト大学の地熱科学者アンドレス・ルゾー博士が、沸騰する川について半信半疑ながらも興味をそそられて調査を行いました。ルゾー博士は12歳のときに祖父から沸騰する川の伝説を聞かされていました。

伝説によると、沸騰する川はスペイン人の征服者たちが黄金を求めて密林奥深くに立ち入ったことで発見したとのこと。そこでは毒入りの水、人食いヘビ、飢餓、病気、沸騰する川があり、生きて帰った人物は非常に危険な土地として報告したといいます。

そんなルゾー博士は、極限環境に暮らす生き物を調査するために微生物学者と協力して沸騰する川について調査を行っているといいます。

非常に珍しい自然環境ですが、違法伐採業者によってその環境が脅かされていると警告しています。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: 国際, 技術・実験, 科学, 自然 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)