ゴッホの絵画調でゴッホの人生を描く映画『Loving Vincent』がスゴすぎる!!動く絵画に仰天!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

オランダ出身でポスト印象派(後期印象派)の画家フィンセント・ファン・ゴッホ。「ジャガイモを食べる人々」「タンギー爺さん」「ひまわり」「星月夜」など数々の名作を残しながら、生前には評価されず波乱の人生を送ったことでも知られています。

そんなゴッホの特徴的な絵画手法を駆使したゴッホの人生を描く映画『Loving Vincent』をご紹介します。驚かされるのに1秒もいりません。

Sponsored Links

『Loving Vincent』は、ゴッホの波乱の人生を描いた映画作品。有名な人物の生涯を映画にすること自体は珍しくありませんが、この映画は演出に大きな特徴があります。

作品はゴッホ風絵画調にアレンジされており、まるでゴッホの絵画が動き出しているかのような演出が加えられています。そのため実写のようなマンガのようなアニメのような絵画のような独特の世界観を作り出すことに成功しています。

現在はトレーラー映像しか完成していないこの作品。制作したのはポーランド人画家でありディレクターでもあるドロタ・コビエラ氏とヒュー・ウェルクマン氏。、世界初の絵画による長編映画にあんるといいます。

どのように作られているのかが非常に気になるところですが、実はこの作品、画家によって全て手描きされているといいます。毎秒12コマの油絵が使われており、同じ絵画手法を学んだ100人の画家たちによって描かれることになるとのこと。そのためアニメーション作品と言える作品のようです。

ただし制作には莫大な手間が必要となり、優れた画家100人を必要とします。現在、作品を作るための画家を募集しており、トレーニングと選考を突破できた画家が制作に加わることができるといいます。

一般的なアニメーションは、1枚の背景にキャラクターを描いたセル画を重ねて動かすことで制作されており、動かすキャラクターだけをセル画に描けば作れるため負担を減らすことができますが、この作り方だと1枚を描くだけも手間がかかる油絵が膨大な量必要となります。1秒間に12枚が必要だとすれば、単純計算で2時間の長編映画なら8万6400枚もの絵画が必要となります。

ジブリ映画も同じような手法で1枚の絵を動かす作り方をしているものがありますが、それを考えると相当な製作費が必要なりそうですね。それでも、もしこの手法で長編映画作成できればアニメ史、映画史に残る作品になること間違いありません。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: アニメ・マンガ・ゲーム, 国際, 技術・実験, 文化, 芸術 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)