KADOKAWAの小説投稿サイト「カクヨム」に「KADOKAWAと契約したのに本が出ない」 という問題作が投稿される!!


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

2月28日にオープンした「KADOKAWA」と「はてな」による投稿小説サイト「カクヨム」に、『カドカワ 富士見と独占契約したけど本が出ないハートフル物語《ストーリー》』という超問題作が投稿されて大きな注目を集めています。そのタイトルの通り、この小説は「KADOKAWA」の契約の問題を追及する私小説のようです。

Sponsored Links

『カドカワ 富士見と独占契約したけど本が出ないハートフル物語《ストーリー》』は、「ろくごまる」さんによって投稿された小説。その内容は、「KADOKAWA」と電子書籍の出版について独占契約を結んだものの、契約以降に一切の連絡が来ないというものです。

ろくごまるにさんは、同小説について「本当にあった怖い話」と発言しており、「ホラー」ジャンルとして登録されています。

発表された1話によると、2015年1月1日に「KADOKAWA」と『食前絶後!!』『封仙娘娘追宝録シリーズ全巻』の電子出版契約を独占的に結んだものの、それ以降、一切の音沙汰がないとのこと。

小説の中には『「確かに独占契約は交わした。……だがいつ出版するとは書いてない。出さぬのもこちらの勝手! 貴様は契約の切れるまでの三年間、指をくわえてみてるしかないッ!契約書をよく読まなかった、お前の負けだドブ板作家! そうやって無様に、ぷぅぷぅ泣き叫んでるがいいッ!」なんてドイヒーなことを間違ってもお考えでないとは、勿論百も承知でェあります。』としており、辛辣な指摘がされています。

またこの小説を発表することでアドバイスをもらえることも狙っているようで『誰か暇なプロ、私にアドバイスください。独占契約結んだのに電子書籍が出ないんです(ノД`)』と助けを求めています。

その後、2話が発表されましたが、そこでは『(「KADOKAWA」から連絡が来ない)という第一話を2016/02/29に公開しましたら、本日2016/03/01に富士見より着信がありましたが、所用で出かけておりまして電話にでられませんでした。で、電話使って裏でゴチャゴチャやっても仕方ないでしょうし、Twitter辺りで公開でやりません?』としており、さらに大きな注目を集める展開となっています。

一昔前は、力の大きな出版社が、まだ力の弱い小説家に対して理不尽な対応をしていても、小説家は泣き寝入りするしかできなかったようですが、発表できる場所があるため反撃も容易になっているようですね。

小説家にネタを提供するなんて「KADOKAWA」も出版社の鑑としか言えませんが、はたして3話は、いったいどのような物語が紡がれるのでしょうか。

source

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: IT, 事件・事故, 国際, 経営・経済 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)