木の伐採から始まる木造住宅を自力で建設する過程をとらえたドキュメンタリームービー『The Birth Of A Wooden House』


̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

今回、ご紹介するドキュメンタリームービー『The Birth Of A Wooden House』は、木の伐採、加工、建築、施工、内装まで、木造住宅を全て自力で建設する過程をとらえた男のロマン溢れるもの。全てを自分で作れば、家に対する愛着も沸くでしょう。

Sponsored Links

このドキュメンタリームービー『The Birth Of A Wooden House』は、木造の家を建設する様子をとらえたもの。使う道具はシンプルなハンドツールだけで、基本的には重機などは使いません。また材料も現地で調達するのが基本で、使われている木材は森から調達しています。

木材の伐採は、樹木内の水分が最も低下している真冬。このとき切り出した木材を、作っておいた家の土台の上に組み上げていきます。

柱や壁材は伐採した木材を使用し、手斧やノコギリで加工。木製ペグなどで木材同士を繋ぎ、木材の隙間にはヨーロッパの住居では一般的なコケを挟み込む手法で埋めます。

家の全体が完成すると、今度はパン窯を設置するなど内装に着手します。さらに漆喰で内壁を塗って塗装。完成した家は、手作りとは思えないほど立派なものとなりました。またかなり雪深い場所で-15℃~-20℃になるとのことですが、断熱を施しているためパン窯を温めれば2日~3日は暖かさが保たれるとのこと。

娘たちの成長も楽しくなるドキュメンタリームービー『The Birth Of A Wooden House』でした。

Sponsored Links
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

キルロイ の紹介

管理人のキルロイです。 現在、当サイトでは記者を募集しています。 あなたの伝えたいという熱い思いを形にしてみませんか? あなたの記事をお待ちしています。 なお、オープンにしていいご意見、ご感想、質問等ありましたらコメント欄からお願いします。それ以外のご連絡は、上の「サイト情報」からメールをお願いします。なお、全ての質問(単なる誹謗中傷など)に対して必ずしも返信するとは限りませんのでご了承ください。
カテゴリー: デザイン, 国際, 建造物, 技術・実験 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)